英検・TOEIC対策

2018年 第1回 英検結果

受験者数 14名 全員合格 !!

準2級 5名 合格  (中3 4名、高2 1名)

3級 5名 合格    (中3)

4級 2名 合格    (中1、高2)

5級 2名 合格     (小6)

2017年度英検結果

全員合格

英検3級  中2  4名合格

英検4級  中2  5名合格

英検5級  高1  1名合格

2015年度英検結果

全員合格

英検5級 小学6年生8名合格

英検準2級 高校1年生 1名合格

2016年度英検結果

英検5級 小51名 小61名合格

英検4級 中1 3名合格

英検3級 中3 1名合格

***************************

英検対策

日本では、英語力を測る手段として、現在も英検が主流と言っていいと思います。今も読み書きが中心の日本の英語教育ですが、中学や高校で、英検の取得を奨励し、学校でテストを実施するところも多くなっていることは、喜ばしい傾向と言っていいと思います。少なくとも学校の英語よりは、リスニングやスピーキングに重点が置かれているからです。

文科省の統計によっても、英検の受験者数は年々増加しています。特に最近は、小学生の低学年から英検に挑戦する子供も増えています。

ココサク英語塾では、無理のない範囲で、小学校高学年から英検5級に挑戦してもらっています。理想的には、小学校のうちに5級、中1又は中2で4級、中3で3級、高1又は高2で準2級、高2か高3で2級。。。。というコースになりますが、最近の低年齢化に応じて、小5で5級、中3で準2級に合格する生徒も多くなってきました。

試験前には、英検中心の補習で、ライティング指導、面接指導も行います。事前に「こういう問題が出るんだな」「面接ではこんんなことを聞かれるんだ」と理解していれば、本番もよりスムーズに落ち着いて試験が受けられるからです。

英検結果は2018年第1回まで3年連続100%と喜ばしい結果になっていますが、リスニングを重視する普段からの教育方針により、合格者のリスニングは、他の合格者より毎年高くなっています。

準2級

ココサク平均 459   一次合格者平均  453

3級

ココサク平均 403  一次合格者平均 390

4級

ココサク平均 403   一次合格者平均 340

5級

ココサク平均  278   一次合格者平均 275

(2018年第1回結果)

2019年度からは英検も様変わりするようですが、どんな試験になっても対応できるように、日々アンテナを張り巡らしておこうと思います。

 

TOEIC 対策

最近は、大学入試でTOEICのスコアを入学条件とする大学(短大)も増えてきています。TOEICというのは、ビジネスの現場で使われる英語の会話の聞き取り、文書の読み取りが中心なので、大学入試の段階で取り入れるのはどうかと思いますが(個人的には、海外の大学の入学要件となる TOEFL や IELTS の方が良いと思っていますが)、実際問題として、TOEIC のスコア 400 ~ 700 までを条件とする大学が多いです。関東圏だけでも、茨城大学、千葉大学、埼玉大学、お茶の水女子大、首都大学東京、東京理工大学などが取り入れています。

大学入試だけでなく、TOEICのスコアを就職時の条件にしたり、会社で昇進の条件にしたりする企業も増えています。

TOEIC で使われている単語はそれ程難しくありませんが、かなりの集中力とスピードが要求されます。

現在ココサクでTOEICを勉強しているのは、社会人の方々ばかりですが、今後は高校生、大学生も増えていくのかもしれません。

TOEICは、時間との闘いなので、本番前にはタイムを計って問題を解く練習をします。TOEICも問題のパターンがあるので、やればやっただけ、結果に反映され、短期間でスコアをあげることも可能なテストです。

ココサクでは、マンツーマン個別指導形式と、グループ形式の両方で対策を行っていきます。